withアプリにサクラや業者はいる?いない?コレが真実!

マッチングアプリwith(ウィズ)にサクラや業者はいるの?いないの?その実態と対策も含めて徹底解説!
MENU

withアプリのサクラと業者事情はこんな感じ!

こ、こやつサクラじゃね?

マッチングアプリwith(ウィズ)にはサクラがいないのか疑念をお持ちの方もいると思います。

 

東証マザーズ上場の(株)イグニス運営、メンタリストDaiGoさん監修という点で信頼性は高いとは言え、実際、世の中にはサクラだらけの悪質な出会いサービスも大量に出回ってますからね。

 

結論から言えば、withアプリにサクラはいません。でも、一般人になりすました業者を運営が登録段階で全て見抜くことは不可能なので、業者には稀に遭遇する可能性があります。

 

業者の乱入はwithに限らず、全てのマッチングアプリに当てはまる問題ですけどね。

 

サクラと業者の正体は全く違うんです!

ただ、サクラと業者を混同している口コミも多いため、まずは2つの違いから説明しておこうと思います。

 

 

サクラは運営が雇っているメール要員で、会員を騙す目的のもの。業者は運営とは一切関係のない悪質な誘導業者・マルチ業者で、運営も荒らされて困っている立場にあります。

 

 

全然違いますよね。withはサクラを雇ってませんが、業者の侵入を完全に防ぎ切ることはできません。これが真実です。

withアプリがサクラを雇わない理由は?

桜を使うメリットないっすよね

サクラのいる出会い系の場合、プロフィールを書いていないのに、激カワな女性達からメールがドカドカ送られてくるのが特徴です。

 

でもwithの場合はしっかりプロフィールを書いて写真も載せないと、こちらからいいね!しても、ありがとう!は返ってきません。ガチなマッチングサービスなら、それが当たり前なんです。

 

また、with運営の立場で考えても、サクラを使うメリットが見当たりません。

 

ポイント制課金の出会い系は、会員にメールを送らせるほど運営の利益が大きくなる仕組みなのでサクラを使いがち。

 

でもwithはメッセージをナンボ送っても月額料金が変わらない定額制です。運営としてはサクラを使うメリットが乏しいわけ。

 

更に運営会社イグニスはスマホアプリ企画・開発・運営事業を柱に、東証マザーズに上場している信頼性の高い企業です。万が一、サクラを雇って会員を騙すような営業をしていたら、発覚した時に大問題。

 

会社の信用が失われれば、他のアプリ事業にも悪影響だし、株主にも監修のDaiGoさんにもエラい迷惑がかかります。

 

そんな背景からも、極めて真っ当に運営されていると言い切れます。もし「withアプリにサクラがいる」という評判を見つけたなら、それはサクラと業者を勘違いした口コミと考えてよろしいかと。

withに紛れ込む業者の種類と見分け方

お前は業者だ!

with運営側としても業者の存在は迷惑なので、友達10人以上のFacebookアカウントを登録の必須条件にして侵入を防いでいます。

 

また、単に公的身分証によって18歳以上かどうか年齢を確認するだけじゃなく、氏名もチェックする本人確認もやっているので、業者はかなり動きにくい環境です。

 

withの年齢確認(本人確認)について

 

更に24時間の監視やユーザーからの通報制度によって徹底排除に努めています。

 

とは言え、ここまでやっていても業者を完全にゼロにするのは難しい。これはどんなマッチングアプリを使うにせよ、ユーザー側として知っておくべき事実ですね。

 

ただwithは定額制なので、万が一、業者とやり取りしても、ポイント制のようにメール料金を無駄に使ってしまった!なんてことにはなりません。焦らずにしっかりコミュニケーションを取って相手を見極めて下さい。

 

もし次のような怪しい動きがあればスルーするべし!

1.外部のサイトに誘ってきた

URLと一緒に外部のサイトを紹介してくるのは完全に誘導業者。即、メッセージ交換をやめて相手をブロックするべし!なおかつ運営に通報するべし!

2.商品を紹介された!セミナーやオフ会に誘われた!

相手が化粧品や健康食品などについて語り始めたら要警戒。更に何か商品を紹介してこようもんなら、マルチ(ネットワークビジネス)業者で確定です。

 

知り合って間もない、しかも恋愛目的のサービスで知り合った人に商品をすすめること自体が不自然ですから。

 

セミナーやオフ会に誘ってくる手口もあります。そんな集まりに参加すれば、周りはみんなマルチつながりの仲間達。そもそもマッチングアプリなのに、いきなり集団で会おうとするのが不自然ですよね。

 

1対1で会う、ごく普通のデートをする気がないと感じた時点でメッセージ交換を中断するべし。で、やはりブロック&通報で蹴散らしましょう。

3.女性側から妙に積極的にLINE交換したがる

LINEは気に入らない相手をブロックできるとは言え、普通の女性は素性の知れない男に教えません。ID交換掲示板に無断で掲載するような嫌がらせをする男も実際いるみたいですし。

 

そんな中、まだ大したやり取りもしていないのに、女性側から焦ってLINEに誘ってくるのは明らかに不自然ですね。要は運営に見つからないうちに早めに直の連絡先をゲットしてwithを離れたいわけ。

 

これは誘導業者のケースもあれば、マルチ業者のケースもあります。

 

確かにLINEは便利ですが、withは定額制でメッセージ送り放題なので、別に僕ら男性だって焦って誘う必要はありません。

 

もしID交換するにしても、男性も女性も充分にコミュニケーションを深めて、信用できそうな相手にだけ教えるようにしましょうね。僕の場合、初デートの直前に交換、あるいは会ってから交換というパターンも普通にあります。

 

参考:LINE交換おすすめのタイミング

 

まとめ

with(ウィズ)にサクラはいません。でも、業者の侵入を完全に防ぐのは、どんなに優秀なマッチングアプリでも不可能。運営側もしっかり対策しているので遭遇するのは稀ですが、僕らもその特徴は知っておくべきです。

 

業者の存在さえ知らなければ簡単に引っかかってしまいますが、ココに書いた知識を持って冷静に相手を観察すれば大丈夫。見分けることは別に難しくありませんよ。

 

↓公式サイトを見る↓

 

安心安全!withの歩き方

このページの先頭へ