with「秘密の質問」のメリット・デメリットを踏まえた使い方

マッチングアプリwith(ウィズ)の「秘密の質問」は使い方を間違えないよう注意!そのメリットとデメリットを踏まえた効果的な活用法を解説します!
MENU

マッチングアプリwith「秘密の質問」の効果的な使い方

マッチングアプリwith(ウィズ)の秘密の質問

マッチングアプリwith(ウィズ)の「秘密の質問」は、誰かとトークしていると、突然次のような通知が来て使えるようになります。何も知らないと戸惑うんじゃないでしょうか(^_^;)

 

withで秘密の質問が使える表示

吹き出し2

この記事では秘密の質問は使うべきか?デメリットはないのか?などの疑問を踏まえて、効果的な使い方を解説します!

秘密の質問の基本的な使い方まとめ

まずは「秘密の質問」の基本的な使い方から解説しますね。

吹き出し1

秘密の質問はマッチングした相手と3往復以上メッセージをやり取りすると通知が来て、それ以降使えるようになります。

自分の方から使うか使わないかは自由ですが、使う場合はトークルームの右下に表示されるダイヤモンドのようなマークをタップ。1つ目の質問が表示されます。

 

withで秘密の質問を表示させる

 

僕が経験した中では、例えば次のような質問がランダムに表示されます。

 

  1. あなたにとって友達とは?
  2. もし宝くじで10億円当たったら、どんなことに使いたいですか?
  3. あなたが、どうしても許すことができないことは、どんなことですか?
  4. 最近泣いたのは、いつですか?また、どうして泣きましたか?
  5. もし1つだけ超能力が持てるとしたら、どんなことができるようになりたいですか?
  6. もし透明人間になれるとしたら、どんなことをしたいですか?
  7. 恋のライバルがいたとして、あなたが絶対に負けない!というところはどんなところですか?

 

あとは質問に答えるだけ。「回答する」ボタンをタップすると入力画面になるので、250文字以内で答えて下さい。

 

withの秘密の質問の回答を入力

吹き出し7

質問は全部で5問までありますが、面白いのは、お互いが答えないと相手の回答は読めないし、次の質問にも進めないところ。

相手が先に答えている場合は、相手の回答欄はモザイクがかかった状態になります。で、自分も答えるとモザイクが消えて回答が読めるようになります。

 

自分が答えても相手がまだ答えていない場合は、相手の回答欄には「回答待ち」と表示され、相手も答えた時点で回答が表示されます。

 

こうしてお互いが答えると、次の質問に進める仕組みになっているんです。要は2人の共同作業が必要なわけで、2問目、3問目と進むにつれて親密度は深まりやすいと言えますね。

秘密の質問が表示されない設定も可能

秘密の質問を使うべきかについては後半で解説しますが、最初から使うつもりがない方はそもそも秘密の質問が表示されないように設定することも可能です。

 

「各種設定」の中の「秘密の質問の設定」をタップすると、次の画面になります。

 

withの秘密の質問の設定画面

 

ここで「OFF」を選んで「更新する」ボタンを押せば、秘密の質問が表示されなくなります。

 

たまに「3往復以上やり取りしたのに秘密の質問ができないのはなぜ?」という声を見かけますが、ほとんどの場合、相手側が設定をOFFにしているか、自分の設定がOFFになっているかのどちらかです。

吹き出し7

秘密の質問が表示されなくて困っている方は、自分の設定がONになっているか確認してみて下さい。

もしONになっていれば、相手側がOFF設定にしているってことです。

秘密の質問を使うメリット・デメリット

秘密の質問を効果的に使うには、メリットとデメリットを知っておくことも大事。

 

というのも、withの口コミを見ると「お互いの距離が縮まった」「会話が盛り上がった」という声がある一方で「面倒くさい」「ブロックされた」といったネガティブな評判も多いんですよ。

メリットとメリットを生かす心得

withの公式ブログによれば、秘密の質問には心理学で考えられている親密な関係を築くのに必要な5つの要素のうちの4つが含まれているんだとか。言ってしまえば、それがそのままメリットになります。

 

  1. エスカレーティング…たわいもない会話から、徐々にプライベートな会話に移る
  2. 互恵性…バランスの取れた会話を楽しんでいる状態
  3. 個人的…普段人には話さない個人的な内容
  4. 自己開示…自分の考えや価値観などより深い内容
  5. 親密行動…軽いボディタッチ

 

このうち1〜4までが含まれているってことですね。また、心理学うんぬんの小難しい話抜きにしても、実際使っていると次のようなメリットを感じます。

 

  1. 自分では聞きにくいような質問を公式が代わりに聞いてくれる
  2. 会話を盛り上げるきっかけになる
  3. 2人で共同作業しないと先に進めないので互いの距離感が縮まる

吹き出し1

特に会話のネタが尽きてきた時には助かるはず!

メリットを生かす回答3つの心得

回答例については、質問の種類は沢山あるし質問によって答え方は全然違うので、他の情報サイトにまかせます。ただ、全てに共通する「メリットを生かす心得」は次の3つじゃないかと。

 

  1. ある程度正直に回答し個性を出す←当たり障りのない無個性はあまり意味がない
  2. 明るく前向きな回答を心がける←逆の暗い、後ろ向きな回答はNG
  3. 自分のプラス面をアピールする←マイナスイメージにつながる回答はNG

 

秘密の質問は同性ライバル達と差別化できる大きなチャンスです。と言っても、何でも正直に思ったことを書けばいいわけじゃなく、あくまでコレも自己アピールの一環。

吹き出し7

結果的に価値感の違いが分かってうまく行かなくなるのは仕方ないのですが、最初からマイナス評価になりそうな回答は避けるよう注意です。

デメリットとデメリットを抑える対策

秘密の質問のメリットばかり挙げている攻略サイトが結構多いんですが、僕の会った女性の話やネット上の口コミを見ていると、必ずしもそんな声ばかりじゃありません。

 

女性の口コミ

 

男性の口コミ

 

また、秘密の質問によって、価値感の違いがハッキリしたという口コミもあります。ま、これは逆に相手の理解を深めるメリットとも言えなくもありませんけどね…。

 

 

これらを踏まえて、デメリットをできるだけ打ち消すためのアドバイスをまとめると…

 

デメリットを打ち消す対策

まず、僕の場合、まだ大してやり取りしていない3往復ぐらいで秘密の質問が来ると、正直面倒に感じます。ネタは沢山あるので、普通に会話したいんですよね(^_^;)

 

女性側も初期段階だと、面倒に感じる人も結構多いんじゃないかと。

 

特に人気女性は沢山の男性とマッチングしてやり取りするので、何人もの男がコレやってきたら、うんざりするのは間違いなし…(←実際聞いた話)。

吹き出し2

というわけで僕の場合は、トークのネタに困らない限りは使いません。基本は女性側から先に来たら、お付き合いするスタンスですね。

これで、何の不便もないです。そもそも他のマッチングアプリには「秘密の質問」機能自体がないわけで、それで充分会えますからね。2通目以降のトークのコツは次の記事をご参考に。

 

withアプリのトークで2通目以降のやり取りを続けるコツ

マッチングアプリwithのトークで、初回メッセージに対して返信が来た!1つの関門をクリアしたことはメデタイことなんですが...続きを読む

マッチングアプリwithのトーク

 

もう1つ、回答は250文字まで書けますが、上限までぎっしり書くのはやめた方がいいかと。相手にプレッシャーがかかります。

 

1問目は相手がどれぐらいの文字数で答えてくるか分からないと思いますが、2問目以降は男性が女性側の文字数にある程度合わせてあげるのがいいですね。

秘密の質問を使うケースと使わないケース

 

まとめ

withの秘密の質問には、うまく使えば、お互いの理解を深めて親密度が上がる大きなメリットがあります。でも、その一方で面倒と感じる人も多い事実も押さえておくべし!

 

僕的には必ずしも使う必要ないというのが正直な感想ですね。実際、使わなくても普通に出会えますから。

 

■使うケース

  • トークを盛り上げるネタがなくなって困った時
  • 相手のことをもっと深く知りたい時(特に女性)
  • 相手から秘密の質問が来た時

■使わなくていいケース

  • トークの初期段階
  • 秘密の質問に頼らなくてもトークを盛り上げられる人
 

安心安全!withの歩き方

このページの先頭へ