マッチングアプリwith(ウィズ)の評判と僕の正直な評価まとめ!

2019年12月3日更新!マッチングアプリwith(ウィズ)は本当に出会えるのか?どんな人に向いているアプリなのか?口コミ評判と僕の正直な評価をまとめました。これから登録する人にも、もう使っているけど彼女・彼氏ができない人にも役立つ攻略情報もたっぷりお届けします。
MENU

withアプリって実際どう?本音レビューと安心攻略ナビ

更新日:2019/12/3

withアプリの攻略ガイドっす!

マッチングアプリwith(ウィズ)は、あのメンタリストDaiGoさんが監修しているFacebook連動型恋活&婚活サポートサービス。

 

「ぼくとドラゴン」などのスマホゲームで知られる東証マザーズ上場企業「株式会社イグニス」が運営しています。

吹き出し4

メンタリストDaiGoさん、上場企業と聞くと安心感はあっても、実際利用する前って、なんやかんや不安や疑問が尽きないものですよね。

当サイトは「今からwithに登録しようと考えている」あるいは「もうwithを使ってるけど、理想の異性に出会えない!恋人ができない!」という方に向けて…

 

口コミ評判調査、他のマッチングアプリと比較して感じる本音評価、更に登録後に効率良く出会う方法まで、僕の知りうるwith(ウィズ)の知識全てを詰め込んだ徹底攻略ガイドです。

 

2分で分かるマッチングアプリwithの特徴

吹き出し2

最初に他の人気恋活アプリと比較した時のwithの特徴&評価をまとめてしまうと次の5つ。これが結論です!

  1. 会員数は中規模で人口の多い地域向き。人口の少ない田舎では厳しい。
  2. 女性比率が高いため、男性の競争が比較的緩やかで出会いやすい。
  3. 20代〜30代前半のユーザーが多く、婚活より恋活(彼氏彼女探し)向き。
  4. DaiGo氏監修のコンテンツにより、性格や趣味が合う相手を見つけやすい。
  5. 無料で送れるいいね!数が多い。
登録会員数 117万人(男性77万 女性40万)
男女比率 男性65.8%:女性34.2%
年齢分布
(男女計)

@20代 63.0%
A30代 23.9%
B40代 7.7%

利用目的 恋活(彼女・彼氏作り)
主な機能 診断イベント、好みカード
料金体系

男性3,600円(1ヶ月プラン)
女性無料

動画
公式サイト

with公式サイトを見る

※登録会員数・男女比率・年齢分布は2019年7月の検索結果から集計

吹き出し7

それでは、このように結論づけた根拠をもう少し詳しく解説しますね。

■登録会員数比較(男女計:2019/7集計)

with ペアーズ Omiai
(累計非公開)
117万人
(累計1000万人)
412万人
(累計400万人)
238万人

※Omiaiは検索に人数が表示されないため、いいね数ランキングに表示される男女それぞれの人数を集計

 

各恋活アプリの公式が発表している会員数、例えばペアーズの1000万人やOmiaiの400万人という数字はサービス開始からの「累計」。退会した人達も含まれています。

 

withの場合、累計会員数は非公開です。ペアーズやOmiaiより数年遅れでスタートしているだけに、累計じゃ圧倒的に不利ですしね。

 

でも現時点のアプリの実力をはかる上で本当に大事なのは、もういない人達も含む数字なんかじゃなく今現在、実際に登録している(=検索結果に表示される)会員数とその男女比です。

 

現状、withの登録会員数117万人は中規模で、田舎では異性の絶対数が少なくマンネリ化が早い。正直、人の少ない地域では412万人(withの約3.5倍)の大規模アプリ、ペアーズの方がおすすめです。

 

ただ、下の表を見ていただくと分かるように、withの強みは女性比率の高さ。会員の絶対数が充分な都会なら、男性にとってペアーズやOmiaiより出会いやすいバランスなんですよね。

 

■女性比率比較(2019/7集計)

with ペアーズ Omiai
34.2% 30.6% 29.1%

 

ペアーズやOmiaiの評判を調査すると「競争が厳しい」という男性の口コミを結構見かけますが、withはライバルが少なく競争が緩やか。よってマッチング率が高くなりやすいのです。

 

■会員の年代別構成比(男女計:2019/7集計)

年代 with ペアーズ
10代 3.1% 1.9%
20代 63.0% 49.9%
30代 23.9% 28.8%
40代以上 10.0% 19.4%

 

with会員の年齢層は20代比率が高いのが特徴で、特に20代〜30代前半の方が最も馴染みやすい環境があります。

 

ユーザー層が若いだけに婚活目的の人はペアーズやOmiaiより少なく、恋活向き。といってもタップル誕生のような軽い雰囲気ではなく、真剣に恋人を作りたい男女が集まっている感じですね。

 

機能面では「診断コンテンツ」と「好みカード」によって、性格や趣味が合う相手を見つけやすいよう工夫されています。

 

withの診断コンテンツと好みカード

  • 診断コンテンツ・・・DaiGo氏監修の性格診断や心理テストが充実。相性の良い相手を楽しみながら探せる。
  • 好みカード・・・自分の価値感に当てはまる好みカードを登録。同じ趣味や考え方を持つ相手を見つけやすい。

 

また、期間限定の診断イベントに参加すると、1日10人に無料でメッセージ付きいいね!を送れる太っ腹企画があるため、いいね!の追加購入も必要なく、コスパも高評価。

吹き出し1

というわけで、マッチングアプリwithをオススメできる人、あまりオススメできない人をまとめると次の通り。

■withが特に向いている人

  • 20代〜30代前半の人
  • 恋活(恋人探し)目的の人
  • 比較的人口の多い地域にお住まいの人

■withがあまり向いていない人

  • 30代後半以降の人
  • 婚活(結婚相手探し)目的の人
  • 人口の少ない地域にお住まいの人

 

 

ここまでで、登録前に知っておくべき特徴と評価については、ほぼ網羅したはず。でも、もっと詳しいwithの評判と評価を知りたい方は後半にお進み下さい。

withアプリの使い方をめっちゃ簡単に解説

マッチングアプリwith(ウィズ)の基本システムと使い方を解説します。ただ、公式でも丁寧に解説されているので、すごーく簡単に行きます。

吹き出し2

そんなん知ってるよーという方は読み飛ばしてwithアプリならではの個性的な3つの仕組みに飛んじゃって下さい。

 

withで出会うまでの流れ

 

  1. 友達10人以上のFacebookアカウントもしくは電話番号(SMS認証)で登録
  2. ※できれば、すぐに年齢確認(本人確認)を済ませておくのがベスト
  3. 検索して好みの異性を探す
  4. お互いに「いいね!」を送り合えばマッチング
  5. ※男性は有料会員になるとメッセージ交換無制限(女性は無料)
  6. メッセージをやり取りして気が合えばアポ&デート
 

 

送れるいいね!は毎月30回分補給され、足りなければwithポイントを購入して、1pt=1いいね!に交換できます。

 

と言っても後に詳しく解説しますが、withの場合、1ヶ月で最大500人に無料でいいね!できてしまうので足りなくなることって、普通無いですけどね。

 

また、お互いにいいねを送り合うと書きましたが、正確にはいいねをもらった側は「ありがとう!」を返す仕組み。ありがとうを返す時はいいねは減りません。

 

withアプリで異性を探す

 

従来の出会い系サイトの場合、最初のアプローチは文章を入力してメールを送る仕組みでした。でもwithではいいね!ボタンを押すだけ。お気楽です。女性からもアプローチしやすいはず。

 

更に男性は固定の月額料金を払う定額制でメッセージ送り放題なので、これまたポイント制出会い系サイトと違い、せかせかLINEに移動する必要もありません。落ち着いて恋活できますよ。

withアプリならではの個性的な3つの仕組み

と、ここまでは全ての恋活・婚活マッチングアプリに共通する仕組みですね。ここからは競合サービスと比べてどんな特徴があるのか、withならではの個性的な仕組みを3つ紹介します。

1.診断コンテンツがスゴい!

マッチングアプリwithの目玉は何と言ってもメンタリストDaiGoさん監修の診断コンテンツ。性格診断や心理テストの結果から、相性の良い相手を紹介してくれます。

吹き出し1

例えば、こんな診断イベントが期間限定で次々に実施されますよ。

メンタリストDaiGoさん監修の性格診断

 

この診断コンテンツは口コミの評判も良く、僕的にも高評価ポイント。競合する大手恋活アプリと比べて女性比率が高い強みにつながっている気がします。女の子って、こーゆーの好きですよね。

 

 

他の恋活婚活アプリでも「独自のアルゴリズムで割り出した」好相性の相手を紹介してくれるところはあります。でも僕などはいつも「独自のアルゴリズムって何?」と思ってしまうわけです。

 

でもwithの診断の場合、心理学に精通したDaiGoさんが丁寧に解説してくれるので納得性がヒジョーに高い!

吹き出し3

単純に趣味が同じというだけじゃなく、自分でも気付かなかった価値感の合う相手と出会いやすいところが強みですね。

2.無料で送れるいいねが多い!

更に期間限定の診断イベントには、開催期間中毎日、相性がいいと診断された相手10人、全てに参加すれば、1ヶ月で最大300人に無料でメッセージ付きいいね!を送れるビッグボーナスが付いてきます。

 

これ超太っ腹企画ですよ。メッセージ付きいいね!を使うには、ペアーズなら300円分のポイント、Omiaiなら500円分のポイントが別途プラスでかかりますから。

 

この診断イベントの10人にアプリ版の「本日のオススメ女性」で紹介される5人を加えると、1日に最大15人に無料でいいねできます。

 

更に更にアプリ版のログインボーナス(3日連続ログインで合計5ポイント=5いいね分)まで含めたら、1ヶ月に最大500人に無料でいいね!できるんです。

吹き出し2

もちろん、これらに加えて、通常で毎月30いいね!が追加されます。

先程「いいねが足りなくなったら、ポイントで購入可能だけど、普通は足りなくなることはないよー」と書いたのは、これらのボーナスが充実しているため。

 

マッチングアプリの王者、ペアーズに比べても無料いいね数は圧倒的に多かったりします

 

無料いいね数が多いと、いいねの価値が下がるデメリットもあるため、単純に多けりゃいいってもんでもないですが、マッチングしやすくなる、いいねが不足して追加のお金を投入する必要がないといったメリットは大きいですね。

 

3.サポートが親切丁寧で使いやすい

メイン写真を採点して改善点を教えてくれるモテ写診断、質問に答えるだけで自己紹介文を自動作成してくれる機能、メッセージのアドバイスをくれるトークアシストなど、他に比べてとにかくサポートが手厚い。

 

メッセージ交換のアドバイスまでくれる♪

 

マッチングアプリ初心者も迷わない工夫が随所にあります。

 

更にwithの検索画面には、趣味(好みカード)など相手と一致する項目の数が表示されています。

 

withアプリの検索画面の共通点

 

これも「相性度70%」のような根拠が分かりにくい他サービスの表記に比べると単純明快です。

 

先行組をほぼコピーしただけのサービスが多い中、初心者でも楽しみながら、直感的に相性の良い相手、共通点の多い相手を見つけやすい独自システムは秀逸。

 

チュートリアルやヘルプページの説明も親切丁寧で、数あるマッチングアプリの中で使いやすさも上位ではないかと。

 

運営会社の株式会社イグニスはスマートフォンアプリ開発事業を柱とする東証マザーズ上場企業ですが、この辺りの作り込みはさすが。素直に評価したいところです。

 

with会員の特徴とマッチング率評価

withアプリは検索結果にアクティブ会員数を表示してくれるので(←Omiaiのように人数を隠しているところもある中、これも良心的)全国の年齢別会員数を調べてみました。

男女別の年齢分布は?

withは20代〜30代前半の恋人探しにぴったり♪

withのユーザーは8割以上が社会人。でも職種で「学生」を選択している人達も全体の約15%を占めていて、華やかな雰囲気がありますね。

 

年齢分布も、20代の構成比が男女ともに6割超えと、競合に比べて非常に高いのが特徴です。次いで多いのは30代で、男女とも25%前後。

 

40歳以上の構成比がガクンと落ちるのは、恋活アプリ全てに共通する傾向ですが、ペアーズの構成比と比較すると、より個性をつかみやすいと思います。

吹き出し7

特に男女ともに20代の層がより分厚く、平均年齢低めな傾向がはっきり分かりますね。

■男性会員の年代別構成比(2019/7集計)

年代 with ペアーズ
10代 3.4% 1.9%
20代
(前半)
(後半)
62.0%
(30.6%)
(31.4%)
47.0%
(20.0%)
(27.0%)
30代
(前半)
(後半)
23.3%
(15.4%)
(7.9%)
27.9%
(17.4%)
(10.5%)
40代 8.6% 14.3%
50代以上 2.7% 8.9%

■女性会員の年代別構成比(2019/7集計)

年代 with ペアーズ
10代 2.5% 1.9%
20代
(前半)
(後半)
65.1%
(30.6%)
(34.5%)
56.3%
(23.4%)
(32.9%)
30代
(前半)
(後半)
25.2%
(16.9%)
(8.3%)
30.6%
(20.3%)
(10.3%)
40代 6.1% 8.6%
50代以上 1.1% 2.6%

女性の結婚に対する意識は?

続いて女性のプロフィールの「結婚に対する意思」から、利用目的の傾向を見てみます。

 

■女性会員の結婚に対する意思(2019/7集計)

意思 構成比
すぐにでもしたい 6.4%
2〜3年のうちに 16.8%
良い人がいれば 68.5%
今のところ考えていない 5.8%
わからない 2.6%

 

「良い人がいれば」が68.5%と圧倒的多数派で「2〜3年のうちに」も合わせると実に85%。

 

ゼクシィ縁結びに代表されるガチな婚活アプリの「結婚ありき、今すぐ結婚したい」的な差し迫った空気はなく「真剣交際の延長線上に結婚もありうる」ぐらいの意識の女性が大半ですね。

 

一応公式では恋愛・婚活サービスとうたっていて「withレポート」には結婚報告も寄せられています。でも、基本は婚活というより恋活向き

 

少なくとも僕が知り合った女性では、今のところ結婚前提という子はいないし、全体を見渡しても彼氏彼女が欲しい、真面目に恋愛したいというユーザーが大多数と感じます。

吹き出し2

ネット恋活歴がまだ浅く、変にマッチングアプリ慣れしていない、ピュアでフレッシュな女性が多い印象です♪

withの強みは女性比率の高さ

バランスよーし♪

もう1つ、withアプリの評価ポイントとして見逃せないのは、人気マッチングアプリの中でも女性比率が非常に高いこと。

 

大手の女性比率はペアーズが30.6%、Omiaiが28.3%。ともにおよそ男性7割女性3割で、ほぼ一致してます。

 

この数字は公式のアナウンスではなく、女性に協力してもらい、実際に男女のアクティブ会員数を調査した結果なので、実態に近いはず。

 

男が多すぎじゃね?と思われたかもしれませんが、男女比7:3でも実はかなり優秀です。

 

いわゆる出会い系サイトも含めた世の中のマッチングサービスでは、男性9割以上のところが大半を占めているんですよね。

吹き出し1

でもwithの場合、2019年7月時点で男女計1,173,008人中、女性は400,866人。女性比率が34.2%と高いんです!

女性に人気の理由はいくつか考えられますが、分かりやすいのはメンタリストDaiGoさん監修の安心感の影響でしょうか。

 

あとは登録時の性格診断が良く出来ているので、女性の登録率が高いのかも。

 

もちろん個人差はありますが、この男女比と無料いいね数の多さから、男性にとっていいね!をより多くもらえる=マッチング率が高くなる環境があるわけです。これも僕がwithを評価しているポイントですね。

 

5月4日〜5月11日のマッチングアプリの足跡に対してのマッチング率(いいね数 / 足跡数 * 100)

ペアーズ 17/1017*100=1.67%
with 17/434*100=3.92%

 

ディラン (@dylan_secret)
2018/5/12twitterから引用

withの弱みは地方の会員数の少なさ

ただ、一方でペアーズに比べると後発で知名度も低いだけに、活動地域によっては、まだ会員が少ないところがあります。現状、withの一番の弱点と言ってよろしいかと。

 

実態を把握するべく、鳥取県で最終ログイン1週間以内のアクティブ会員数を調査しました。

 

■鳥取のアクティブ会員数比較(2019/1集計)

性別 with Pairs Omiai
男性 291人 1172人 408人
女性 120人 630人 207人
合計 411人 1802人 615人

 

こうしてみるとOmiaiも充分な会員数とは言えず、やはり地方の場合、最も有名なペアーズに一極集中する傾向が強いんでしょうね。

 

withだと男女ともに人が少なく、すぐに全員のプロフィールを見終えてしまいます。

 

都市圏では男性にとって競争が緩やかでマッチング率が高い、その反面、田舎では候補になる女性の絶対数が少ない。

吹き出し9

これが中規模マッチングアプリゆえのメリットとデメリットですね。

男性も無料で登録して検索できるので、自分の地域の女性ユーザーの活動状況を確かめてから課金するのがいいと思います。

withアプリの料金を他と比較して評価

withの料金体系は女性無料。男性はマッチングして初回メッセージを送るところまでは無料で、それ以降は有料会員になると無制限にやり取りできるようになります。

 

課金方法は定額制で、料金は次の通り(消費税増税後の2019年10月更新)。

withの料金プラン表

 

ご覧のように最もお得な料金はクレジットカード決済で、アプリ版のAppleのアプリ内課金とGooglePlay決済を選ぶと中間マージンが発生する分、高くなります。

 

アプリ版の方が高いのはwithだけではなく、全てのマッチングアプリに共通する仕組みなので注意ですよ。

 

withにはアプリ版とブラウザ版がある!賢い使い分け

僕は当サイトの中で「スマホで使えるマッチングサービス」という広義の意味でwithアプリと書いていますが、実際には...続きを読む

withのアプリ版とブラウザ版

 

マッチング成立まで無料会員で粘るのも1つですが、有料会員になると女性のいいね数が表示され、人気度が分かるようになります。

 

いいね数が表示

 

アプローチ前に競争率を予測できれば、いいね!の空振りは減り、マッチング率はアップします。

 

有利に恋活できるのは間違いないので、できるだけ早く彼女を作りたいなら、やっぱり早めに有料会員になるのがいいと思います。有料会員に登録したタイミングで、新たに30いいねが追加されますよ。

 

あとは月額2,900円をプラスしてVIPオプション(旧VIP専用プラン)を契約すると…

 

毎月付与されるいいね数が50回分に増量、身バレ防止のプライベートモードを利用可能、検索が便利になる、ログインステータス(オンライン表示)を隠せるなど、より便利に活動できます。

 

ただ、withはまだそれほど競争が激しくないし、無料いいね数も多いので、通常有料会員で充分戦えます。また、友達バレについても基本の身バレ防止対策をやっとけば充分と僕は思ってます。

吹き出し7

VIPオプションは実際に活動してみて、必要に応じて契約でよろしいかと。

withアプリのVIPオプションって必要ある?

マッチングアプリwithには有料会員の追加オプションとしてVIPオプション(旧VIP専用プラン)があります...続きを読む

VIP待遇っす!

withの料金は本当に安いのか?

早速、他の人気マッチングアプリと料金を比較してみます。最安値を、2番目に安い価格をオレンジにすると・・・

 

■マッチングアプリ月額料金比較(2019/10時点)

アプリ名 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月

with

3,600

2,667

2,350

1,833

ペアーズ

4,100

2,560

1,940

1,430

Omiai

3,980

3,320

1,990

1,950

恋結び

3,480

2,997

2,755

1,980

タップル

3,700

3,200

2,800

2,234

縁結び

4,378

3,960

3,630

2,640

 

withの料金は1ヶ月プランではゼクシィ恋結びに次ぐ2番手、僕のイチオシ3ヶ月プランでもペアーズに次ぐ2番手。

 

加えてwithでは全ての診断イベントに参加すると、月間最大300人に無料で「メッセージ付き」いいね!を送れるだけに、単純な料金比較以上のお得感があります。

吹き出し3

こうして他サービスと比較すると、間違いなく安いと評価できますね。

また、割引がない1ヶ月プランの3600円でも、合コンやお見合いパーティーに1回参加すれば余裕でオーバーしてしまう金額。リアル恋活と比べても、かなりリーズナボーです。

 

料金については「withアプリの料金丸分かり!お得な決済方法は?」の記事で、もっと詳しく解説しているので、有料会員になる場合は必ず参照下さいませ。

 

withアプリで恋活する前の3大不安を解消!

ここまで見てきたようにwith(ウィズ)は、メンタリストDaiGoさん監修、東証マザーズ上場企業運営という背景からも信頼性が高いし、実際のサービス内容も優秀。

 

ただ、それでも不安が残るとすれば、主に次の3つじゃないでしょうか。

 

 

この3つの不安について、僕なりにお答えしていきますね。

 

Facebookの友達にバレないの?

まとめ

Facebookアカウントで登録したら、FBの友達にwith使ってるのがバレるんじゃないの?という不安ですね。僕も昔同じように感じたので、心配する気持ちはよ〜く分かります。

 

でも大丈夫!with内では本名ではなく匿名(ニックネーム)だし、活動している情報がFacebookのタイムラインに流れることも一切ありません。

 

プロフィールのメイン写真も、登録時には一時的にFBのアイコンが採用されますが、登録後にwith専用の写真に変更できます。

 

更にFacebookの友達がwithに参加していても、お互いの検索に表示されません。

 

これはFacebookの友達情報を活用するからこそできるわけで、バレるどころか逆に電話番号登録に比べて身バレの可能性が低い仕組みなんです。

 

詳細:withの利用は友達にバレる?身バレ防止対策まとめ

本人確認の身分証提示は安全?

まとめ

身分証かクレジットカードでの年齢確認は18歳未満の児童の利用防止に欠かせません。というか、ネットで男女の出会いの場を提供する「インターネット異性紹介事業者」に対して法律で定められた義務です。

 

そもそも児童を犯罪から守ることが目的の法律ですが、年齢確認がないアプリで恋活・婚活することは僕ら大人にとってもリスクが大き過ぎます。

 

また、withでは公的身分証(運転免許証やパスポートなど)の全情報を開示する「本人確認」が必須です。

 

withの免許証での本人確認画面

 

本人確認は今、ほぼ全ての恋活婚活アプリが取り入れている方式で、業者などの不正ユーザーが紛れ込みにくくなります。

 

出会い系サイトのような、氏名や住所を隠していい年齢確認方式だと、簡単に身分証の使い回しができるので業者が大量に紛れ込むんですね。

 

危険どころか、本人確認があるからこそ、安心安全な環境が保たれているんです。

 

加えてwithを運営するイグニスは東証マザーズに上場している信頼性の高い企業。個人情報の悪用がバレれば自らの企業ブランドを傷つけ、株主にも迷惑がかかります。

 

それだけじゃなく、プロデューサーのメンタリストDaiGoさんにも迷惑がかかります。メリットが一切ありません。

 

当然、本人確認を済ませた後に迷惑メールや営業電話が来るなんてことも一切ないので信用して大丈夫ですよ。

 

詳細:withアプリの本人確認と年齢確認は安全か?

サクラに騙されたりしないの?

まとめ

昔ながらのポイント制出会い系サイトの悪いイメージが根強いだけに、ネットのマッチングサービスにはサクラが付きものという固定観念があるかもしれません。

 

でも、withアプリは今までの出会い系とは全然違います。メール送り放題の定額制だし、イグニスやメンタリストDaiGoさんの信用にも関わるので、運営にサクラを使うメリットがないんですよね。

 

ただし!一般人を装ったMLM(マルチ・ネットワークビジネス)などの業者が紛れ込んでしまうことはあります。これはwithに限らず、全てのマッチングアプリの宿命ですけどね。

 

一部の出会いアプリ紹介サイトでは業者を「サクラ」と呼んでいますが、アレは誤った情報です。サクラは運営が雇ったメール要員ですが、業者には運営も営業妨害されている立場です。

 

当然、with運営側も24時間の監視体制で、不正利用者の発見と根絶に向けた努力をしています。ユーザーからの通報制度もあります。

 

更に本人確認が必須なので、出会い系サイトに比べて業者の紛れ込みも遙かに少ない。安心安全な環境が整ってますよ。

 

詳細:withにサクラや業者はいる?いない?コレが真実!

withアプリの口コミ評判まとめと僕の見解

ここからはマッチングアプリwithの主な口コミの声を取り上げながら、1ユーザーとして感じたことを正直に書いていきます。

withの良い口コミ評判について

実際に出会えた!恋人が出来た!

まとめ

withの口コミを調査すると、彼女彼氏ができたという声が沢山見つかります。基本は恋愛したい人達が多く、婚活アプリのような重い空気は全くないですが、公式のwithレポートには結婚したカップルの報告も。

 

本人確認もしっかりやっていて会員の身元の信頼性が高く、写真掲載率も高い。顔出しの少ない出会い系サイトとは全然違う、明るくオープンで健全な雰囲気があります。真剣に恋人を作りたい男女が集まっていますよ。

20代の若い会員が多い

まとめ

会員のメイン年齢層は男女とも20代〜30代前半。人気恋活アプリの中でも20代比率が高いのが特徴で、平均年齢はやや低めですね。実際、20代女子の比率は65.1%と、ペアーズの56.3%を大きく上回っています。
かわいい子やイケメンが多い

まとめ

確かにカワイイ子も沢山いるし、女性が検索すればイケメン君も沢山いると思います。でも他のマッチングアプリと比較して特別多いかと言えば、正直それほど変わらないかと。

 

マッチングアプリ紹介サイトのレビューでは「他よりカワイイ子が多い」なんていうフレーズがありがちですが、顔の審査があるわけじゃないんで、極端な差はないです。個人の好みもありますし。

 

つまりは美男美女もいるし、僕みたいにそうじゃない人もいるってこと。それが自然ですね(^_^;)

DaiGoさんの診断が当たっている!

まとめ

僕もかなりイイと思います。特に登録時の性格診断はやるだけでも面白いし、本当に結構当たってる気が。いまいち根拠が分からない相性度や占いの類とは違って、アプローチする相手を選ぶ際も心強いですね。

withの悪い口コミ評判について

自分の居住地では会員数が少ない

まとめ

詳細は地方の会員数がwithの弱みに書いた通り。人口の多い都市部とその周辺には充分な人数がいるものの、人口の少ないエリアでは特に女性の数が物足りない状況もあります。

 

ここ数年で知名度も上がってきて、会員数も右肩上がりに増えているので、今後は徐々に改善されていくとは思いますけどね。

 

withアプリの場合、検索に対象人数を表示してくれるので、登録したら、地域や年齢などの好みの条件を指定して、当てはまる異性がどれぐらいいるか検索してみて下さい。

 

withの検索対象人数

 

で、あまりにも人が少ないようなら、検索地域を広げるか、無料会員のままで活動して様子を見るのがいいと思います。

 

もしくは地方だと大概ペアーズ1強なので、サクッと主戦場を変えるかです。うん、それが一番早いかもしれません(参考:Pairsとwithどっちがいい?徹底比較)。

40歳以上の相手が少ない!

まとめ

男女別の年齢分布に詳しく書いた通り、withアプリのメインユーザーは6割以上を占める20代。20代〜30代を合わせると男性で85.3%、女性で90.3%にもなります。

 

一方、40歳以上の比率は男性で11.3%、女性で7.2%。それでも人口の多い都会なら、中高年男女の絶対数は多いものの、地方になるとほとんどいないケースも…。

 

40代以上の方で同世代の恋人探しが目的なら、検索条件の年齢を「40歳〜」に設定して検索し、自分の居住地の対象人数を確かめてみて下さい。

 

対象人数がそこそこいれば、口コミの通り、同世代同士の出会いの場としては他のマッチングアプリより競争が緩い穴場です。

 

でも同世代がいなければ、withのユーザー層は若いだけに厳しい戦いになるのは必至ですね。それなら、サクッと40代50代のユーザー比率が高いマッチングアプリを使った方が良い結果につながるはずです。

 

参考:40代におすすめの恋活婚活アプリ
参考:withは中高年でも出会えるのか?

ヤリモクがいた(女性の口コミ)

まとめ

女性がガッカリする現実を言うと、正直、ヤリモクが全くいないマッチングアプリなんてありません(^_^;)どんなに真面目なサービスにも、必ずネトナン利用の男性はいます。

 

ただ、with運営は真剣交際につながる環境作りに熱心であり、タップル誕生Tinderあたりの管理のユルい出会い系タイプに比べると、ヤリモクは遙かに少ないのは間違いありません。

 

 

やたら女性慣れしていて、なんで彼女がいないのか不思議なぐらいのイケメン男子には警戒した方がいいかもしれませぬ・・・。

総まとめ!マッチングアプリwithの評価

 

先行する有名サービスを模倣しただけのアプリも多い中、withはメンタリストDaiGoさん監修という独自の価値を持った良質なマッチングアプリ。都心でも競争が激化していないので、出会いのチャンスも大きいですよ。

 

特に20代〜30代前半の彼女&彼氏探しに最適です。

 

一方で会員数は右肩上がりですが、地域によっては、まだ人が少ないところも。そこが唯一の弱点かなと。この先、いかに広域に集客できるかが最大の課題でしょう。更なる成長に期待ですね。

 

当サイトにはwithアプリに参加した後の攻略法もモリモリ盛り込んでありますので、よろしければ引き続きお付き合い下さいませ。素敵な出会いを!

 

 

 

■姉妹サイトのご案内
Facebook出会いナビ - 最新!恋活アプリおすすめランキング
人気沸騰中のFacebook恋活婚活アプリをおすすめ順にランキングでご案内。サービスの選び方から攻略法までを全て網羅したネット恋活の総合情報サイトです。

安心安全!withの歩き方

このページの先頭へ