Pairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)どっちがいい?徹底比較!

Pairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)を徹底比較!どちらか1つならどっちを選択するのがいいのか?分かりやすく解説します!
MENU

ペアーズとwithを分かりやすく比較!僕の結論は…

ペアーズとウィズを分かりやすく比較!

人気マッチングアプリのPairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)。女性はともに無料で使えるので、両方参加がベストですが、男性の場合は定額制だけに両方に課金するのはちょっと…という方が多数派ですよね。

 

では、この2つ、どんな違いがあって、どちらを使えばいいのでしょうか?

 

ココではペアーズとwithを比較して、それぞれの特徴を明らかにしつつ、外さない選び方を僕なりに提案しようと思います。

 

まずはPairsとwithの基本情報を比較

ペアーズ with

開始

2012年

2015年

運営会社

(株)エウレカ

(株)イグニス

累計会員数

700万人

推測70万人

運営会社の信頼度はほぼ互角!

ペアーズを運営する(株)エウレカについては、一般的にはご存じない方が多いはず。

 

会社の所在地は東京都港区三田。Match.comやTinderなど多数の人気マッチングアプリを抱えるグローバル企業、アメリカの「Match Group」傘下のIT企業ですね。

 

一方、withを運営する(株)イグニスは東京都渋谷区恵比寿にあるIT企業です。

 

こちらは「ぼくとドラゴン」などのヒットアプリを手がけている東証マザーズ上場企業なので、ゲーム好きの方などはご存じかもしれませんね。

 

ともに社会的に信用されている優良企業であり、運営会社の信頼度はほぼ互角と言ってよろしいかと。

累計会員数はペアーズの方が圧倒的に多いが…

ペアーズはwithより3年先にスタートしていて、今のFacebook連動型恋活婚活アプリ人気の礎を作ったサービスです。そんな点で知名度も高く、累計会員数は圧勝ですね。

 

一方withはペアーズのフォロワーの1つとして登場した後発組だけに不利。今のところは中規模のマッチングアプリと言えます。

 

でも、単にペアーズの仕組みをマネしただけのマッチングアプリが多い中、withはメンタリストDaiGoさん監修という独自の価値をしっかり持っていて急成長中です。

 

累計会員数は正式な公表ではないので推測ですが、一説には70万人ではなく、まもなく100万人を突破するとの情報もあります。

 

ただ、マッチング率に直結するのは退会した会員も含む累計会員数よりもアクティブな会員の男女バランスです。この点は後半に、こってり解説しますね。

 

それでは、ココからはもう少し突っ込んでペアーズとwithを比べてみましょう。

 

細かい機能を持ち出しても分かりにくくなるだけなので、僕らが特に気になるコスト面、会員の質、出会いやすさにフォーカスして比較していきます。

ペアーズとウィズの料金を比較!

ペアーズもwithも女性は無料。男性が無料でできることは登録→検索→いいね→マッチング成立→初回メッセージ送信まで。有料会員になると、2通目以降のやり取りが無制限にできるようになります。

 

毎月回復するいいね数も30回分と全く一緒です。

 

料金は定額制で、ブラウザ版クレジットカード決済で有料会員になった時の月額料金を比べると次の通り。

 

ペアーズ with

1ヶ月

3980円

2800円

3ヶ月

2480円

2600円

6ヶ月

1880円

2300円

12ヶ月

1380円

1800円

 

念のため確認しておくと、実際の決済は月額料金×契約月数の一括払いになります。例えばペアーズ3ヶ月プランなら2480円×3ヶ月=7440円を一括で支払うわけですね。

 

特に人気のあるプランの3ヶ月と6ヶ月を比較してみると、ペアーズの方がwithより3ヶ月プランで120円/月、6ヶ月プランで1ヶ月当たり420円/月安くなっています。

 

ただ、withの場合、診断イベントに参加すると毎日10人にいいね!できるので、無料で送れるいいね!数がペアーズよりも断然多いんですよね(※withポイントを無料で手に入れる方法参照)。

 

そこまで考慮すると実質それほど差はなく、むしろ沢山いいね!したい人にとってはwithの方にお得感を感じるかもしれません。

会員の特徴は?出会いやすいのは?

ペアーズとウィズってどこが違うの?

ここまではそれほど大きな差はない感じですが、ペアーズとwithの分かりやすい違いの1つは会員の特徴にあります。

 

選択に迷った時の有力な指標になりますね。

 

まずはペアーズもwithも検索すると累計会員数ではなく、今現在登録している対象人数をちゃんと表示してくれるので、全国の女性の年齢別構成比を調査しました。下がその結果です。

 

■ペアーズの女性年齢別構成比

10代 20代
(うち20代後半)
30代 40代以上
1.2% 56.6%
(34.4%)
30.9% 11.4%

■withの女性年齢別構成比

10代 20代
(うち20代後半)
30代 40代以上
2.1% 64.3%
(34.2%)
26.6% 7.0%

 

比較すると、30代以降のユーザー比率が高いのがペアーズで、20代のユーザー比率が高いのはwithだと分かります。要するにペアーズの方が平均年齢高め。

 

ともに結婚前提のガチな婚活アプリと言うより、彼氏や彼女が欲しい人向けの恋活アプリなんですが、ペアーズには30歳を過ぎた婚活意識高めのユーザーも42.3%と結構います(withは33.6%)。

 

対してwithの方は恋愛を楽しみたい恋活ユーザーが圧倒的にメインです。と言っても当然、交際が順調に進めば結婚に行き着くこともありますけどね。

 

ただし、年齢の傾向もあくまで全国の平均値なので地域によっても違うし、実は20代後半だけで見るとペアーズ34.4%、with34.2%とほぼ同率です。

 

実際両方に登録して活動している女性も多く、白と黒のようにはっきりした違いはないんですけどね。それを承知で、あえて傾向をざっくりまとめてしまうと…

 

  • ペアーズには20代後半〜30代の恋活&ライト婚活目的のユーザーが多い
  • withには20代〜30代前半の恋活目的のユーザーが多い

 

やや強引ですが、こう考えるとそれぞれの特徴をつかみやすいのかなと思います。

男女バランスはwithが有利!

次に女性ユーザーに協力してもらって調査した、ペアーズとwithの男女バランスを比較してみます。今後変動もありえますが、2018年5月時点のアクティブ会員数は…

 

ペアーズは男性71%女性29%(※ちなみにOmiaiも約7:3の比率でした)。対してwithは男性64%女性36%

 

実際には個人差や地域差があるので、どちらが出会いやすいかを断言するのは難しいんですが、この数字だけで見ると、男性はwithの方がマッチング率が高めに出やすい環境にあるわけです。

会員の絶対数はペアーズが圧倒的に有利!

でも、withにはどうしてもペアーズにかなわない弱点があります。それは会員の絶対数。

 

これまでの累計会員数ではなく、実際に検索で表示される会員数を見ると、全国でペアーズは男女計約289万人。withは約64万人です。絶対数ではペアーズが4.5倍多いんです。

 

人口が密集している都会ではwithの方が男女バランスがよく有利になりやすいのですが、人口の少ない地方ではペアーズの方が有利になりやすい傾向があるんです。

 

絶対数が少ないと、間もなく検索に同じような顔ぶれしか表示されなくなりますから。この絶対数の少なさが現時点でのwithの弱点であり、今後の課題だと思います。

使いやすさはwithが有利!

単純にwithはペアーズやOmiaiの機能を更に使いやすくブラッシュアップしている印象があります。ただ、使いやすさ=出会いやすさじゃありません。

 

そこで出会いにつながりやすい紹介機能を比べると、ペアーズにもAIで「相性度」を表示してくれるシステムがあります。が、withはなんと言ってもDaiGoさんの監修による性格分析が秀逸。

 

どちらが信用できるのかは統計を取っていないので分かりませんが、より説得力があるのはwithの方かなと。これは個人の捉え方にもよると思いますけどね。

ペアーズかwithかを決める3つのポイント

まず、女性は迷わず両方で活動することをオススメします。その方は遙かにチャンスが広がりますからね。

 

で、男性も初回メッセージ送信までは無料なので、実際に使ってみて雰囲気を体感して判断するのが一番。でも、どちらで有料会員になるか決めるヒントとしては、次の3つの流れでチェックすることをオススメします。

 

1.友達10人以上のFacebookアカウントの有無

with(ウィズ)に登録するには友達10人以上のFacebookアカウントが必要です。一方、ペアーズはこの条件に加えて、2017年11月から電話番号でも登録できるようになりました。

 

ですから「友達10人以上のFBアカがない!でも今すぐに恋活したい!」という方はペアーズに参加するべし。

 

といっても条件を満たすFBアカを作るのって、実はそれほど時間はかかりません。この点についてはwithアプリ登録方法解説!Facebookをやってない時は?に詳しく書いたので参照下さい。

2.ターゲットになる相手の数

活動地域 ペアーズ with
会員数多い
会員数少ない

1の条件をクリアして両方に登録できたとします。そこで最優先で確かめるべきは自分の活動範囲にターゲットになる相手の数が充分いるか。望む異性がいない恋活アプリで活動しても意味がないですからね。

 

検索する時に年齢層・居住地・体型などなど理想の条件を指定して実行すれば、ペアーズもwithもちゃんと人数を表示してくれるので、すぐに対象人数が分かります。

 

ただ、あまりにも条件を絞りすぎるとチャンスを逃すことになりますから、どうしても譲れない条件だけを設定するのがベター。

 

また、自分の県だけで人数が足りない場合には周辺の県、例えば栃木なら茨城、群馬のようにエリアを広げて検索してみて下さい。

 

東京などの人口が多いエリアではともに何万人もの対象人数がいますが、田舎になるとペアーズの方が有利な場合が多いと思います。

 

人にもよりますが、1日平均30人の相手のプロフィールを見るとして、候補人数が900人以上いれば1ヶ月は新鮮に活動できます。

3.自分の年齢

年齢 ペアーズ with
20代前半まで
20代後半
30代前半
30代後半
40代以上

まず、自分の年齢と会員の平均年齢が近い方がより馴染みやい雰囲気があるのは間違いありません。

 

平均年齢が高めなのはペアーズの方なので、30代以上の方ならペアーズ、10代〜20代の方ならwithの方がより馴染みやすい傾向はあると思います。

 

ただし、会員の特徴に書いたように、ともに恋人探しに適したマッチングアプリであり、ユーザー層も重なっている部分もあります。白黒はっきり分かれているわけではないので…

 

■ペアーズ
・40代の人
・結婚を意識している人
■ウィズ
・10代〜20代前半の人

 

このケース以外はむしろ雰囲気により馴染みやすい方を選ぶのが良いのではないかと。

 

あとは自分が30代後半男性でも20代の女子と出会いたいという場合は、20代が多いwithの方がマッチングしやすい傾向はあります。これも参考程度ですけどね。

 

ペアーズかwithか僕の結論!

 

まとめ

もし登録条件を満たすFacebookアカウントをお持ちなら、まずは無料会員でもいいので両方に参加して実際に雰囲気を味わってみるのが結局は一番いいと思います。実際、活動地域によっても状況は全然違いますからね。

 

その上でコチラにまとめた選び方をヒントにPairs(ペアーズ)かwith(ウィズ)か最適なマッチングアプリを選択するのがおすすめです!

 
このページの先頭へ