withアプリで機種変更する時の引き継ぎと注意点をケース別に解説

マッチングアプリwithを使っていて、スマホを機種変更する時のデータ引き継ぎ方法は?失敗しないための注意点をケース別に整理しました。機種変前に必ずチェックして下さい!
MENU

withアプリで機種変更する時のアカウント引き継ぎ方法

更新日:2022/04/30

機種変更後もwithアカウントは引き継げるの?

マッチングアプリwith(ウィズ)を利用中にスマートフォンの機種変更をしたい時、現在使っているアカウントデータをそのまま引き継ぐことは可能なんでしょうか?

 

結論から言えば、私達のアカウント情報はwith側のサーバーに保存されているため、めちゃめちゃ簡単に引き継ぎできます。

 

実は僕もつい最近、iPhoneの機種変更をしたばかり。旧機種から新機種へのデータ移行をしただけで、withに関しては何もすることなく、今まで通りFacebookアカウントでログインして使えています。

吹き出し7

ただし!機種変の内容によっては気を付けるべきことが…。この記事ではwithの機種変更にともなう注意事項をケース別にまとめておきます。

この記事を理解するための基礎知識

最初に、この記事を理解するための基本的な用語を確認しておきます。知ってるよという人は飛ばして進んで下さい。

  • OSが変わる…iOS端末(iPhone)からAndroid端末に変わる、もしくはAndroid端末からiOS端末に変わること
  • アプリ版…アプリストア(App StoreまたはGoogle Play)からスマホにダウンロード/インストールして利用するバージョン
  • ブラウザ版…SafariやChromeなどのWEBブラウザからwith公式サイトにアクセスして利用するバージョン

アプリ版とブラウザ版(WEB版)の違いについては以下の記事で、もっと詳しく解説しているので、気になる人は参照下さいね。

ケース1:電話番号もOSも変わらない

電話番号もOSも変わらない場合は、新しい端末でwithのアプリ版またはブラウザ版にアクセスし、今までと全く同じ操作でログインするだけ。

 

withにFacebookで登録した人はFacebook認証で、電話番号で登録した人はSMS認証でログインするってことですね。

吹き出し3

これで全アカウントデータをそのまま引き継げるので、事前にやっておくことは特に何もありません。

強いて言えば、機種変前に念のためFacebook認証の情報(携帯電話番号またはメールアドレス・パスワード)を確認しておくことぐらいですね。

 

機種変更した後も、やることはアプリストアから新端末にwithアプリをダウンロード/インストールするだけです。

吹き出し2

もちろん有料会員の人もご心配なく。課金データもちゃんと引き継がれます。ちなみに僕の機種変更はこのケースでした。

ケース2:電話番号が変わる

docomo、au、Softbankなど、キャリア(携帯会社)をまたぐ機種変だと、通常は電話番号が変わりますね。

Facebookで登録している人

電話番号が変わっても、Facebookで登録している人なら、新しい端末から今まで通りwithアプリ版またはWEB版にFacebook認証でログインすればOK。

 

念のため事前にFacebook認証の情報(携帯電話番号またはメールアドレス・パスワード)を確認しておくと安心ですね。

 

これでアカウントデータも課金データも全てそのまま引き継げます。

 

ただし、電話番号だけではなくOSも変わる人の場合、条件によっては事前にやっておかなければならない手続きがあります。必ず、OSが変わるケースを確認して下さい。

電話番号で登録している人

吹き出し6

電話番号で登録している人は要注意。番号が変わると、旧番号でのSMS認証ができなくなるため、アカウントデータを引き継げません。

つまり、この場合、新しい端末でwithを使うなら、新規登録してゼロから出直さなければいけないってことです。

 

こればかりはシステム上、仕方ないんですよね。withだけではなく、Omiaiなども一緒。SMS認証を導入しているマッチングアプリで電話番号登録するデメリットの1つです。

有料会員の課金データも引き継げないので、必ず機種変更前に解約と退会の手続きをして下さい。この時、契約期間が残っていても返金はないので注意ですね。

吹き出し5

有料会員が課金の解約を忘れたまま旧アカウントを放置していると、有料プランの自動更新と料金自動引き落としが続いてしまいます。

電話番号登録をしている方で機種変更後もデータを引き継ぎたい場合は、MNP(マイナンバーポータビリティ)を利用して下さい。MNPなら、キャリアをまたいでも同じ電話番号を使えます。

吹き出し8

また、今からwithに登録するところなら、電話番号ではなくFacebookアカウントで登録しておけば、このような不便は避けられますよ。

ただし、MNPで電話番号を変えなくてもOSが変わる場合、条件によっては事前にやっておかなければならない手続きがあります。必ず、OSが変わるケースもチェックして下さい。

ケース3:OSが変わる

iOS端末(iPhone)からAndroid端末に、もしくはAndroid端末からiOS端末に変わるケース。

 

OSが変わっても、Facebookで登録した人はFacebook認証、電話番号で登録した人はSMS認証でログインできるので、アカウントデータも有料会員の課金データも引き継げます。

 

ただし、電話番号も変わる時はケース2に書いた通りですけどね。

吹き出し7

でも、OSが変わる時に注意しなければいけないのが、課金(定期購読・定期購入)の自動更新の解約についてです。

まず、クレジットカード決済で有料会員になっている人は、新しい端末で有料会員プランを解約できます。

 

withも他のマッチングアプリと同じく、契約は自動更新になっているので、解約したい場合は必ず期限前に手続きして下さい。これは問題ないと思います。

でも、アプリ内課金(iPhone版アプリのApple ID決済もしくはAndroid版アプリのGooglePlay決済)を使って有料会員になっている人は注意!

 

Apple ID決済はAndroid端末では解約できないし、GooglePlay決済はiOS端末(iPhone)では解約できません。解約せずに放置していると、有料会員プランの引き落としが自動更新で続いてしまうんです。

吹き出し1

というわけでOSが変わる時にアプリ内課金をしている場合は機種変更前に現状の課金(定期購読・定期購入)の自動更新を解約しておくべし!

厳密に言えば、機種変更後もPCからAppleもしくはGoogleそれぞれのサイトにアクセスして解約できるんですが、面倒ですよね。分かりにくいと思うので、もう少し補足します。

iOS端末からAndroid端末に機種変する

機種変更前に、iPhoneで定額制サービスを解約(有料会員課金の自動更新を解約)して下さい。解約の方法は下記のリンクから。

Android端末からiOSに機種変する

機種変更前に、Android端末で定期購入を解約(有料会員課金の自動更新を解約)して下さい。解約の方法は下記のリンクから。

このように、どちらのケースも機種変更前に解約が必要ですが、その後も残りの契約期間は有料会員として活動できるのでご安心を。

 

まとめ

マッチングアプリwithは機種変しても、新しい端末からFB認証またはSMS認証でログインし、今までのデータを引き継いで利用できます。ただし!電話番号やOSが変わる場合は注意。機種変更前に、自分がどのケースに当てはまるか確認し、必要な手続きを行って下さい。

 

安心安全!withの歩き方

終了したキャンペーン・企画

このページの先頭へ