withアプリの本人確認と年齢確認は安全?手続き方法も徹底解説

マッチングアプリwith(ウィズ)の本人確認と年齢確認は本当に安全なのか?なぜやる必要があるのか?手続きのやり方も合わせて徹底解説します!
MENU

withで本人確認が必要な理由と手続きのやり方

本人確認?大丈夫かな?

マッチングアプリwith(ウィズ)では、登録後に公的証明書(公的機関が発行した身分証:運転免許証など)で18歳以上であることの審査=年齢確認を済ませないと、男性も女性もメッセージをやり取りできないようになっています。

 

また、withでは同時に年齢だけではなく、氏名や住所など公的証明書の全ての情報をチェックする本人確認も行っています。

 

なんて聞くと「メンドクサ!」「個人情報を悪用されたりしないのけ?」と躊躇する方もいるかもしれませんね。

吹き出し2

この記事ではwithが年齢確認と本人確認を必須にしている理由と手続きのやり方について分かりやすく解説します。

年齢確認は法律で定められた義務です!

まず、年齢確認はwithを安心安全に利用する上で絶対に欠かせない審査です。

吹き出し9

というより、やるorやらないを議論する余地もなく、全てのインターネット異性紹介事業(出会い系アプリ・恋活婚活アプリ)に対して法律上義務づけられた審査なんです。

年齢確認がないのは、法律を守っていない出会いサービスか、そもそもインターネット異性紹介事業ではないサービス(例えばTwitterのようなSNSなど)のどちらか。

 

事実として今、児童被害の温床になっているのは、これら2つです。

 

年齢確認の目的は18歳未満の児童を犯罪から守ることですが、児童が簡単に登録できてしまうサービスなんて、大人だって安心して恋活できません。僕らが加害者側になってしまうリスクがありますから。

 

それにこのような審査がなければ、悪質な業者などの不正ユーザーも紛れ込み放題、暴れ放題になります。もうカオスですね…。

withアプリが本人確認もやっている理由

インターネット異性紹介事業にはwithのような恋活婚活アプリだけではなく、昔からあるポイント制の出会い系アプリも含まれます。

 

で、出会い系アプリの年齢確認の場合、身分証の生年月日・証明書の名称・証明書の発行元の3カ所だけ見えれば、氏名・住所・写真など、他の情報は隠しても審査が通る方式です。

 

■出会い系の年齢確認

年齢確認

 

また、クレジットカードでポイントを購入すれば、自動的に年齢確認が済みます。クレジットカードは18歳未満は作れませんからね。

 

要は法律で最低限定められた義務の年齢確認だけをしているわけです。

吹き出し6

でも、この出会い系方式って不正をしようと思えば、いくらでもできちゃいます。

だって、3カ所の情報だけじゃ、本当に本人の物か分かりませんよね。氏名・住所・写真をチェックしないので、簡単に使い回しできます。

 

そのため、不正ユーザーの排除にはほとんど効果がないんです。出会い系に業者がウジャウジャいるのは、このように審査が緩いことが最大の理由です。

 

クレジットカードによる年齢確認も同様。暗証番号さえ知っていれば、親のクレカで児童でも簡単に確認できます。また、海外経由で偽造したクレカを使用する業者もいると聞きます。

恋活婚活アプリでは本人確認がスタンダード

実はwithも昔はこの出会い系方式でした。いや、他の人気マッチングアプリ、ペアーズなどの恋活アプリ、ゼクシィ縁結びなどの婚活アプリもこの方式でした。

 

でも2019年、withも含むほとんどの恋活婚活アプリで男女とも、公的証明書の全体が鮮明に写った画像を提出しないと審査が通らない「本人確認」が必須になっています。

 

withの免許証での本人確認画面

吹き出し2

この本人確認方式なら、確認書類の使い回しはできません。1人につき、必ず1枚の身分証が必要になります。

複数の不正ユーザーを送り込みたい業者にとって、withで活動するのは難しいし面倒なんです。普通に考えて、もっと審査の緩いサービスを狙いますよね。

 

いや、それでもなんやかんや業者はゼロにはならないんですが、その数は、本人確認がない出会い系アプリに比べて遙かに少ないことは容易に想像できるはず。だからこそ、安心安全な環境が保たれているんです。

吹き出し3

僕ら真剣に恋活したいユーザーにとっては大歓迎ですよね。

withが個人情報を悪用する心配はない理由

ただ「公的身分証の情報を全部見せるのは、個人情報が悪用されそうで怖い」という不安もあるかと思います。ご心配なく!

 

まず、運営会社イグニスは東証マザーズに上場している信頼性の高い企業だし、監修はメンタリストDaiGoさんです。企業やDaiGoさんの信用を犠牲にしてまで、個人情報を悪用するメリットがありません。

 

更にwithには次のようにJAPHIC(ジャフィック)マークが掲載されています。

 

withはJAPHIC認定

 

JAPHICは、法律に準拠して個人情報を適切に保護していると認定された事業者だけが掲載できる信頼のマークです(参考:JAPHICマーク制度について)。

吹き出し8

もちろん僕も本人確認を済ませていますが、迷惑メールや不振な電話が来たことは一度もありません。悪用の心配はありませぬ。ご安心を!

本人確認(年齢確認)のやり方は簡単!

本人確認(←年齢も同時に審査されます)の手続き方法も、面倒なことは一切ありません。

 

ざっくり言うと、確認書類をスマホで撮影して、画像を送信するだけ。書類さえあれば、申請手続き自体は1〜2分で終わります。

withの本人確認で有効な書類

運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳、障害者手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、自衛官診療証、年金手帳、その他公的機関発行の写真付き資格証明書

ちなみに学生証は不可。理由は公的機関が発行している証明書じゃないからでしょうね。

本人確認の手続き方法

まず「本人確認」ページにアクセスし、提出する確認書類のボタンをタップして下さい。

 

本人確認画面で書類をタップ

 

書類撮影の際の注意点(全体が写った鮮明な写真ってことですね)を読んだら「本人確認書類を提出する」ボタンを押します。

 

本人確認書類撮影の注意

 

もし既に撮影した写真があるなら「ライブラリから選ぶ」ボタンをタップして、スマホに保存されている写真を選択。なければ「写真を撮る」ボタンをタップすると、スマホのカメラが起動するので撮影します。

 

撮影方法選択

 

次の画面では選んだ写真が表示され、その下にwithに登録中の生年月日が記載されています。この日付と確認書類の生年月日が違うと否認されます。万が一間違えて登録している場合はここで修正して下さい。

 

生年月日を確認し書類を提出

 

登録中の生年月日が正しければ「入力内容に間違いはありません」にチェックを入れると、下の「提出する」ボタンの色が変わり、押せる状態になります。これをタップすれば申請完了です。

 

提出するボタンを押して完了

 

あとは承認されるのを待つだけ。送信した画像は、運営が目視でチェックするため、承認まで少し時間がかかります。

 

通常は1時間以内に完了するはずですが、withヘルプにはもう少しかかる場合もあると書かれています(←混み具合とかですかね)。

 

万が一24時間経過しても承認されない時は、再度申請するか、カスタマーサポートに問い合わせしてみて下さい。

本人確認できない場合の対処法

ネットの検索キーワードを見ていると「withで本人確認できない」とお困りの声もあるようです。考えられるのは、次の2つのケース。

 

  1. 有効な本人確認書類が用意できない
  2. ちゃんと申請しているつもりなのに否認が続く

吹き出し7

1のケースはカスタマーサポートにダメ元で問い合わせる、2番のケースは問い合わせる前に今一度、下記の3点をチェックしてみて下さい。

  1. 画像は鮮明か?(全ての情報がはっきり見える状態か?)
  2. withに登録中の生年月日と公的身分証の生年月日が会っているか?
  3. 公的身分証の有効期限は過ぎていないか?

 

やはり問題ないと思われるは、カスタマーサポートに問い合わせですね。

 

本人確認のページにアクセスして、下へスクロールしていくと「お困りの方へ」と書かれたコーナーがあります。この「お問い合わせ」ボタンをタップして下さい。

 

本人確認のお問い合わせ

 

お問い合わせフォームが開きます。ここで「詳しい内容」と「連絡先メールアドレス」を入力して送信して下さい。

 

お問い合わせ入力画面

 

必ず解決できる保証はありませんが、カスタマーサポートから何らかの返信があるので、その指示に従って下さい。

本人確認(年齢確認)は安全のためにある!

 

まとめ

withで必須になっている本人確認(年齢確認含む)は危険どころか、安心して恋活できる環境作りのためにあります。サクサクッと済ませてしまいましょう。逆に、本人確認のないアプリはトラブルに巻き込まれるリスクが高いですよ。オススメしません。

 

 

安心安全!withの歩き方

このページの先頭へ